HUMOの技術

画像処理技術

水晶ブランク外観検査

透明・半透明の物体についている欠損を見つける
人の目を超える画像検出を目指して

縦横数ミリから1ミリ以下、厚み数十ミクロンから数ミクロンのガラス片のような水晶ブランクは、半透明や透明であることから光が透過するため、それについている傷や欠けを検出するのは難しく、従来は人間の目で確認を行っていました。当社の自動選別機は、光源の工夫とアルゴリズムの工夫によって、それを自動で検出することができます。
この自動選別機で検出可能な欠損は、欠け・傷・チッピング・クラックおよびコーナー角度異常です。ラップ加工の水晶ブランクは半透明ですが、素材感や個体差などの影響をキャンセルするアルゴリズムを用い、欠損検出を行います。また、ポリッシュ加工の水晶ブランクは透明であり、通常の光源で上から光を当てると、ガラス製測定ステージとの間で干渉縞が生じて欠損検出が困難になるのですが、当社の装置では、光源の工夫により干渉縞を抑え、安定した欠損検出を可能としました。また、外乱光の影響を最小限にとどめるアルゴリズムを実現し、どのような場所でも検査機を設置できるようにしました。
周波数測定や容量測定、漏れ電流測定などでは、数値と言う共通な合否判定基準がありますが、画像検査は合否判定に曖昧さがあり、人間の目に勝るものはないと言われています。しかし、人間の目には検出にムラがあることから、自動選別機が望まれていました。当社の装置は、「いつかは、人間の目を超える」を目標に進化を続けます。

技術開発に集中するファブレス主義

私たちヒューモラボラトリーでは、常に最新かつ最も効果的な技術を用いて
最高のパフォーマンスを発揮する機器を開発するために、社内エンジニアのリソースを企画・開発とメンテナンスに集中し、
機器の製造はパートナー企業に委託するファブレス方式を採用しています。
これにより、顧客のニーズに的確かつスピーディに対応することが可能になり、ニーズから生まれる最新のテクノロジーを、
再び顧客に提供することが容易になっています。