HUMOの技術

制御技術

機械と検査対象物の動きを
0.001秒単位で制御する技術

自動選別機の一連のサイクル、すなわち搬送・測定・分類、それに加えて測定した結果のデータ処理をコントロールしている制御技術。世界一のスピードと正確さを達成するには、正確で無駄のない制御が不可欠です。例えば、当社のMLCCの自動選別機は1サイクル(搬送・測定・分類・データ処理)が0.02秒を切る高速処理を実現していますが、これには0.001秒単位の細かい制御を積み重ねる必要があります。当社の自動選別機には、制御に汎用OSのWindowsを用いていますが、継承されたノウハウと最先端技術を用いることでリアルタイム制御に近い細かい制御を実現することができ、高速で安定した自動選別機の制御を実現しています。
また、制御技術は自社の検査装置だけにとどまらず、ユーザー環境に合わせたサーバーネットワークシステム構築の提案も行っています。

技術開発に集中するファブレス主義

私たちヒューモラボラトリーでは、常に最新かつ最も効果的な技術を用いて
最高のパフォーマンスを発揮する機器を開発するために、社内エンジニアのリソースを企画・開発とメンテナンスに集中し、
機器の製造はパートナー企業に委託するファブレス方式を採用しています。
これにより、顧客のニーズに的確かつスピーディに対応することが可能になり、ニーズから生まれる最新のテクノロジーを、
再び顧客に提供することが容易になっています。