採用情報 働く人の声

入社動機と現在の仕事について教えてください。
昨年3月まで、約4年ほどタイ王国のバンコクに駐在し、保冷システムという航空機に積み込んだり、医療品の低温輸送に使われるデバイスを取り扱っていました。事務所設営からスタッフ集め、提携工場探しなど悪戦苦闘の毎日でした。その中で日本のものづくりのすばらしさと同時に危機感を持ちました。日本のものづくりは確かに素晴らしいですが、セールス力が他のアジア諸国と比べて弱すぎる、これはもったいないと。そこで、任期が終わった後は日本のモノづくり企業へ転職しようと目標を持っていました。なぜか、駐在員時代お世話になった方々が偶然HUMOユーザーだった方々が多く、創業時のHUMOを知る人もいて、そういった方々から「HUMOへ入社した方がいい」と奨めていただいて転職を決意しました。現在は営業職として勤務しています。
仕事をする上でのこだわりを教えてください。
「自分以外の他のひとの立場に置き換えて考えてみる」「お客様はもちろん社内メンバーにも迷惑をかけないようにする」「常に知識向上を目指す」ですね。
HUMOでは幸い、「ひと」に恵まれていますが、前職では常に一人で考えて判断し異国文化を尊重しながら仕事を進めなければならない環境にありました。顧客は日系企業が多かったのですが、特に航空系企業様から「一人でなんでもこなしていると常に見落としがちな大切なことがある「自分以外の他のひとの立場に置き換えて考えてみる。顧客はもちろん一緒に目標を共にしていくメンバーに迷惑をかけてはいけない。常に磨きをかけること。」とプロジェクトを通じて教えていただきました。今でもその経験を忘れぬよう、仕事をしていく上でのこだわりとして心に刻んでいます。また、さまざまな市場や業界知識向上のため、昨年は1年で130冊ほどいろいろな本を読みました。
HUMOのいいところはどんなところですか?
「ひと」ですね。人間力に魅力を感じます。いい意味で職人魂をもった先輩方に恵まれて幸せですね。
前職でもエンジニアの方とお仕事を毎日のようにしていましたが、HUMOのエンジニアの先輩みなさんはわかるまで、そして、わかりやすく教えてくださり日々勉強する環境に恵まれていると感じています。営業部でも先輩方が同じように営業に挑む姿勢を教えてくださいます。雰囲気は、モノづくり企業なのに明るいなと感じています。もちろん、真剣な場面では真剣です。
また、働き方は各個人の専門性やスキル、希望する職種に応じていろいろな職種があると思います。働き方はひとつではないと感じています。
どのような働き方がありますか?
各個人の専門性やスキル、希望する職種に応じていろいろな職種があり、働き方はひとつではないと感じています。
今後、目指していること、チャレンジしたいことや今後(3~5年後)の自分自身のキャリアビジョンを教えてください。
日々勉強、悪戦苦闘の毎日です。まずは、早く一人前の営業になって、いずれは新規分野(市場)へHUMO製品を広げたい、世界へより一層広げたいと考えています。
ゆくゆくは営業担当を何社か持ちながら、新規分野(業界)への仕掛け(開拓)をしたいと思っています。私は何もないゼロの市場へ挑戦し、市場を創っていくことに醍醐味を感じています。HUMOの強みである選別能力、高速処理技術を生かせる製品を新市場へ投入したいと考えています。まずは、自分のこれまでのキャリアで関わりのあった「航空業界」や「精密部品業界」、「医療分野」へ挑戦したいです。常に今を見るのではなくて、5年後、10年後のHUMOを支える市場づくりの仕掛け人を目指しています。