採用情報 働く人の声

入社動機と現在の仕事について教えてください。
工場見学の際に社内の雰囲気に触れ、実際に話を聞き、大学で学んだ技術をそのまま活かせると感じて入社を決めました。HUMOでは計測器を内製しているため、組込みソフトウェアの技術者が必要との話でした。大学の研究ではマイコンのプログラミングをすることが多く、組込みソフトウェアについてはある程度の知識を持っていました。今はその経験を仕事に活かし、主に基板(モーターコントロールボード)や計測器(耐圧計・ネットワークアナライザ)の開発を行っています。ファームウェアやFPGAの設計・コーディングから通信用API、テスト・検査ソフトの開発まで、ソフトウェアのすべてを担当し、製品の不具合対応や開発した基板や計測器の生産を行います。
仕事をする上でのこだわりを教えてください。
業務の効率化を意識しています。
製品の生産に時間がかかると開発を行う時間がとれなくなってしまうため、生産時に行う調整や検査などは、誰でも簡単に自動化できるようにファームウェアや検査ソフトを設計するように心がけています。そのために回路設計を変更してもらうこともあります。また、開発業務では新しい技術等の情報を調べる時間も必要です。そのような時間を確保するためにも効率化を進めることはとても重要であると思います。
入社をして感じたHUMOの特徴や魅力を教えてください。
会社の規模は大きくありませんが、開発に力を入れているため常に新しいことにチャレンジできます。開発業務が多く、専門的な知識が要求されますが、特許が認められた際には報奨金が出るなどの制度も整っています。装置の納入やトラブル対応などで、アジア圏への海外出張の機会も多いです。
人数も少ないため、先輩後輩や勤続年数にかかわらず、意見を言いやすい環境です。また、休暇が取得しやすい点も魅力です。
やりがいを感じる瞬間や、一番成長を実感できたことを教えてください。
試行錯誤しているときはかなり頭を使い大変ですが、その分やりがいや面白さを感じます。そして、測定原理など何も知らない計測器を一から調べて開発し、完成させたときに成長を実感します。
開発を始める前は原理どころか使い方もあまり理解していませんでした。わからないことを一つずつ調べ、理解し、それを実践します。すると、またわからないことが出てくるので調べます。これを繰り返し、開発した製品が思ったように動作したときには達成感と成長を感じます。
今後、チャレンジしたいこと、目指していることを教えてください。
開発をより効率的に行う方法を模索しています。新規に開発を行うと予想外の不具合などが発生し、スケジュール通りに進まないことが多々あります。開発プロセスを見直し、できるだけ手戻りが少なくなるような方法を検討しています。
また、昨年初めてFPGAの設計を行いましたが、とりあえず動いているものの、まだまだちゃんと理解できているとは言えません。そのため、この先もFPGA設計の経験を積み、技術・知識を向上させていく予定です。さまざまな製品の開発を経験することで技術や知識を増やし、より良い製品をより短時間で開発ができるような組込みエンジニアを目指していきます。