採用情報 働く人の声

入社動機と現在の仕事について教えてください。
前職では大企業の生産技術に属し、社内の生産ラインで使用する設備の製造を行っていました。転職のきっかけは会社都合によるものでしたが、HUMOの業務は前職の経験を活かせる現場であると感じました。また、前職ではエンドユーザが社内他部署だったのに対し、HUMOでは完全なる他企業を相手にすることになるため、前職よりも表舞台で活躍できる点に魅力を感じました。更に、会社規模が小さい=少数精鋭部隊で活動しているということなので、業務の最前線に立って活躍できるのではないかと思いました。
現在は積層セラミックコンデンサ自動選別機の設計~納入まで一連の業務を行っています。エンドユーザは積層セラミックコンデンサの製造企業になるため、その生産ラインで稼働する設備を製造しています。その中で、私は装置の電気設計、ソフト設計、メカ調整、納入設置(サービスエンジニア)を担当しています。設計業務については、通常はメカ・電気・ソフトのどれか一つのみを担当しますが、私は学生時代の専攻が情報処理(ソフト)、前職での業務担当が電気だった経緯があるため、電気とソフトの設計を兼任しています。
仕事をする上でのこだわりを教えてください。
どんなことでも、なるべく自分でやってみるように心がけています。人によって得意・不得意な分野はあるため、作業効率を優先するのであれば、その作業を得意としている人に依頼して分担するのがベストなのは当然ですが、それでは自身の知識と技術が向上しません。知識・技術の不足はサービスエンジニアとしてエンドユーザの元へ訪れた際に致命傷となり、エンドユーザからの要求に対して適切な対応ができなければ、自身の信頼だけではなく自社の信頼までをも失うことになり兼ねません。また、他人に依頼するにしても、作業の難易度や想定工数をまったく知らない状態で一方的に依頼するのは、分担どうこうではなく、人として単純に失礼に当たると考えています。そのため、どんなことでもまずは最初に自分でやってみて、要領を把握するように努めています。
やりがいや成長を感じる瞬間はどういう時ですか?
アレを取り入れたら作業性が良くなるんじゃないか?コレは無駄なんじゃないか?と、製品の品質向上を必死に思案しながら設計した装置が現実に形となって完成したときや、自分が納入した装置について、エンドユーザから「大きなトラブルもなく安定稼働している」「ラインの生産能力が向上した」などの好評をいただけたときにやりがいを感じます。
また、自分一人だけでエンドユーザの元へ訪れ、納入設置を完遂できたとき、自分もようやく一人前になれたのだと成長を実感しました。HUMOの業務は特殊ですので、入社したての頃は何をするにも予備知識ゼロからのスタートであり、先輩の後ろ姿を見ながら常に手探り状態で業務に当たっていました。そんな自分が一人でエンドユーザの元を訪れたとき、サービスエンジニアとして自分がヒューモの看板を背負っているというプレッシャーを改めて感じたと共に、そのプレッシャーに打ち勝ち、無事に納入設置を完了したとき、なんとも言えない充実感がありました。
入社をして感じたHUMOの印象を教えてください。
一言で言えば楽しい職場です。職人気質な人が多いため、繁忙期はどうしてもピリピリした空気が漂ってしまいますが、それを過ぎれば皆気さくで、先輩後輩とも気兼ねなくコミュニケーションをとれる明るい雰囲気です。また、個性的で奇抜な人もおり、見ていて飽きません。
下っ端だから先輩や上司の言いなりでしか行動できないということはなく、役職に関係なく誰でも自由に意見・要望を発言でき、妥当性が認められればその案件が業務に反映されていきます。そのため、役職を意識して変に萎縮する必要はなく、皆が伸び伸びと活躍することができます。
会社の雰囲気や人間関係以外にも、容易に休暇をとれる点が魅力です。HUMOの業務はチームプレーではなく個人プレーが主軸になっているため、スケジュール管理も個人の責任となっており、欠員が出ると業務全体に支障をきたすということは余りありません。そのため、自分に課されたノルマさえこなすことができれば、どのような理由(常識の範囲内)であれ自由に休暇をとることができます。
業務内容は、多岐にわたるためマンネリ化しません。1人が受け持つ業務の幅が広く、負担はそれなりにありますが、それに比例して身につく経験値も大きく、過去の知識や経験をフルに活かして次の業務に当たることができ、意識しなくても自然と仕事の質が高まっていきます。
今後、チャレンジしたいこと、目指していることを教えてください。
現在、設計業務は電気とソフトを担当していますが、あと残すはメカ設計のみです。知識は「狭く深く」よりも「広く浅く」、欲を言えば「広く深く」がモットーなので、機会があればメカ設計にも携わってみたいです。
電気設計、ソフト設計、メカ調整、納入設置と多岐に渡る分野を担当しているのは私一人です。一つのことを深く突き詰めていくより幅広い分野をまんべんなく網羅したいタイプですので、現状の姿勢を貫き、「どっちつかず」ではなく「オールラウンダー」としての成長を目指しています。
学部や学科によって、有利・不利を感じたことはありますか?
有利・不利は発生しないと思います。私自身、HUMOでの業務において学生時代に学んだことが役に立ったと感じたことはほとんどありません。そのため、自身の専攻にとらわれず、業務に必要な知識を幅広く取り入れられるキャパシティを持っていること、業務に対して常に前向きな姿勢で取り組むこと、が大切だと思います。